AR・VR

WebARとは?ARアプリとの違い&開発方法をアプリ開発者が解説

WebARについて知りたい人
WebARについて知りたい人

WebARとは何のことだろう、ARアプリとは違うもの?

WebARを開発したい人
WebARを開発したい人

WebARを開発してみたいんだけど、どうやって作ればいいの?

そんなあなたの悩みを解決します。

この記事を書いているのは、Internnectでインターンをさせていただいている古宮 皇(ふるみや ひろむ)です。

ARやVRが大好きなのに加えて、アプリをリリースした経験があるので、少しはお役に立てると思います。

今回はアプリ開発者である私がWebARとアプリの違いや開発方法について、できるだけわかりやすく解説します!!

WebARとはブラウザだけで動くARコンテンツ。

タイトルにもある通り、WebARとはブラウザだけで動くARコンテンツのことです。

スマホなどのデバイスにわざわざアプリをダウンロードしなくても、ブラウザからWebサイトにアクセスするだけで、ARが体験できちゃいます。

またWebサイトのURLを共有するだけなので、TwitterやInstagramなどでも簡単に拡散できるのも好印象です。

WebARはアプリ無しで、ARが体験できるものとして、理解しておけば問題ないと思います。

もしかしたらそもそもAR(拡張現実)が何かわからないという人もいるかもしれません。

そんなあなたはポケモンGOを想像するのがわかりやすいです。

ポケモンGOは現実世界に、ポケモンという仮想の生物を出現(拡張)させていますよね。

これがAR(拡張現実)です。

WebARの種類は主に3つ

そんなWebARですが種類が主に3つあります

マーカーベース

1つ目はマーカーベースです。

これはQRコードのようなマーカーをカメラで読み取ることで、任意のオブジェクトが出現します。

WebARではこれが主流となっています。

マーカーレス

2つ目はマーカーレスです。

これは現実世界の物体や空間をカメラで読み取ることで、任意のオブジェクトが出現します。

どう開発するかにもよるようですが、マーカーベースに比べて、あまり安定しません.

ロケーションベース

3つ目はロケーションベースです。
これはGPSを元に任意のオブジェクトが出現します。

ポケモンGOと同じ感じですね。

端末のGPS機能に依存してしまうので、精度が悪いデバイスだと変な場所に出現したりするみたいです。

WebARとARアプリの違いは主に3つです。

インストールの有無

最初の違いはインストールの有無です。

WebARはブラウザのみで動作するので、ダウンロードの必要がありません。

その一方でアプリはご存知の通り、ダウンロードが必要です。

これはWebARとアプリの最大の違いと言えますね。

アプリだとイベントでARを体験しようとしたのに、デバイスにアプリをインストールする容量が無いなんてことがあるかもしれません。

その点WebARはインストールをしなくていいので安心です。

通信環境

次の違いは通信環境がない状態での動作です。

WebARはブラウザを使用しているため、通信環境が無いと起動できません。

その一方でアプリは一度ダウンロードしてしまえば、いつでも使用できます。

通信環境がない山奥でARを使用した記念写真を取るなんてことは、WebARでは無理ということですね。

機能

最後は機能面での違いです。

WebARはブラウザを使用して動作しているのに加えて、アプリと比べて新しい技術なので、あまり機能が良くありません。

その一方でアプリはARのスタンダードなので、満足のいく機能があります。

手軽に遊べるARとじっくり遊べるアプリという感じですね。

ダウンロード通信環境なし機能
WebAR無し動作しない微妙
アプリ有り動作する満足

WebARの開発はAR.js+A-Frameがおすすめ

結論から言いますとWebARの開発には、AR.js+A-Frameがおすすめです。

その理由は開発の手軽さにあります。

  • AR.jsはWEBARを開発が開発できるオープンソフトウェアのJavaScriptライブラリ。

    https://github.com/AR-js-org

  • AFrameはカスタムされたHTMLを使用することで、WebVRを開発することができるフレームワーク

    https://aframe.io/

なんとこの2つを組み合わせると、HTMLを数行記述するだけで、WebARが実現できてしまいます。
プログラミングを勉強したことがあるという人なら、誰でも開発ができると思ってしまうほどに簡単です。

プログラミングをしたことがない人は、コード無しでWebARが実現できるサービスなどもありますので、探してみてください。

まとめ:ぜひWebARを体験してみよう!!

今回は

  • WebARはブラウザだけで動く
  • WebARの種類はマーカーベース・マーカーレス・ロケーションベースの3つ
  • アプリとの違いはダウンロード有無・通信環境・機能の3つ
  • WebARの開発にはAR.js+A-Frameがおすすめ
  • プログラミングをしたくない人は有料のサービスもある

ということについて解説していきました。

まだWebARまたはARで一度も遊んだことがない人は、ぜひ遊んでみてください。

未来が楽しみになること間違いなしです。

それでは楽しいARライフをお送りください。

-AR・VR
-

Copyright© Internect Engineering Blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.